育毛剤ランキング|効果が出た人気の育毛剤ランキングはこちら

本当に効果を得たいなら、育毛剤の成分を理解することが大切

育毛剤を初めて買う人は、その売り場に行って種類の多さにびっくりすることでしょう。

 

それもそのはず、最近では男性たちの美容意識の高まりにより、いつまでも若々しくありたいと思う人たちが増えたことで、育毛剤のニーズが高まっているからです。

 

各メーカーからは、様々な効能をうたった育毛剤が多く発売されていますが、これらは「どれを使っても同じ」ということは決してありません。

 

一つ一つ、その効能には差があり、必ず自分の症状に合ったものがあるため、薄毛対策として育毛剤を購入するのであれば、その成分を理解して買うことが有効です。

 

 

 

男性の薄毛の原因は、男性ホルモンによる影響が強いと言われますが、生え際が後退するようなM字型やA型、頭頂部からぽっかり穴が開いたように薄くなるO型は、AGA(男性型脱毛症)と言って、男性ホルモンの影響を受けたことによる典型的な薄毛の形です。

 

こうった薄毛の人には、男性ホルモンの分泌を抑制するタイプの育毛剤がおすすめです。

 

男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びつくことで、薄毛の真の犯人であるDHTという物質が生成されますが、このDHTの生成を抑制する効果があるのが、「大豆イソフラボン」です。

 

DHTを作り出す5αリダクターゼの分泌を抑制し、DHTそのものの生成を抑える効果があります。

 

 

 

また、「オウゴンヤシ」や「ヒオウギエキス」も同じような効果を持ちます。

 

「ノコギリヤシ」は、多くの育毛剤に含まれる薄毛対策のための代表的な成分ですが、5αリダクターゼの分泌を抑えるだけではなく、5αリダクターゼがDHTに変化することを抑制する効果もあり、注目されています。

 

今すぐ対策を行うほどではないけれど、全体的に髪の毛が薄くなってきたように感じるという人は、頭皮環境を整えるための成分を多く含んだ育毛剤を使うことがおすすめです。

 

実は薄毛の改善には、頭皮の環境をよくすることがとても重要です。

 

男性はもともとホルモンの影響で皮脂の分泌量が多く、頭皮がべとつきやすいのですが、さらにストレスや生活習慣の影響で過剰皮脂が分泌されてしまいます。

 

人はストレスを感じると体中の血管が収縮してしまいますが、それにより頭皮の血行が滞ってしまうため、髪の毛に栄養がいきわたらなくなります。

 

 

 

すると、今まで順調だったヘアサイクルが乱れがちになり、また、髪の毛もやせ細って弱々しいものとなってしまうため、ボリュームやつやがなくなるのです。

 

「カプサイシン」や「ミノキシジル」などの成分は血流を改善してくれる作用があるので、健康な頭皮環境を作るために役立つ成分です。

 

自分の薄毛の症状を見極め、自分に合った成分の含まれた育毛剤を選びましょう。

たくさんある男性用育毛剤、どんな種類があるの?

男性用育毛剤は、ここ最近様々な種類が多く発売されています。

 

初めて育毛剤を買おうとする男性にとっては、このようにたくさんの種類があることで戸惑ってしまう人が多いことも事実です。

 

実は男性用育毛剤には、その目的によってさまざまな種類があります。

 

それらは大きく4つに分類されますが、そのひとつ目は、男性ホルモンを抑制するタイプです。

 

 

 

そもそも男性が薄毛になる原因は、男性ホルモンであるテストステロンが、髪の毛の毛穴の中に存在する5αリダクターゼという酵素と結びつき、DHT(デヒドロテストステロン)が生成されることによって起こります。

 

このDHTは、男性ホルモンの影響でもともと活発である皮脂の分泌をさらに促進することや、髪の毛の成長を妨げる働きをするものであるため、薄毛の直接的な原因になる物質として注目されています。

 

このタイプの薄毛で悩む人に効果的な育毛剤は、5αリダクターゼの分泌を抑えることや、DHTの生成を抑制する成分が配合されているものであり、AGAと呼ばれる男性型の脱毛症を改善する目的を持っています。

 

 

 

そして2つ目が、血行を促進するタイプです。

 

不規則な生活習慣や様々なストレスは体中の血管を収縮させる原因となりますが、当然、頭皮の血管も収縮してしまうことで髪の毛に栄養が届きにくくなります。

 

一本一本の髪の毛には、それぞれ毛細血管によって栄養が届けられているため、頭皮の血行を促進することで効率よく髪の毛に栄養を運ぶお手伝いをするものです。

 

 

 

3つ目が、毛母細胞を活性化するタイプです。

 

毛母細胞とは、髪の毛を作り出す細胞のことであり、細胞分裂を繰り返すことでどんどん髪の毛が成長します。

 

毛母細胞を活性化する成分を含んだものは、髪の毛の栄養となる成分も豊富に含んでおり、この成分が細胞分裂を促進するため、髪の毛の成長のお手伝いをする役割があります。

 

 

 

そして4つ目が、頭皮をケアするタイプのものです。

 

健康な髪の毛が生えてくるためには、清潔で健康な頭皮環境が必ず必要となります。

 

男性にありがちなのが、皮脂汚れによるべとつきやにおいなどのトラブルです。

 

頭皮をケアするタイプの育毛剤では、頭皮に蓄積した余分な皮脂を取り除くなど、頭皮の環境を清潔に保ってくれます。

 

また、頭皮を柔らかく保つための、天然の昆布エキスやアロエエキスをはじめとした保湿成分が入ったものなど、髪の毛にとって快適な頭皮環境をつくることを目的として作られています。

 

育毛剤を選ぶ時は、自分の症状や目的に合わせて選ぶことがおすすめです。